英才教育とはどんな意味で使われているのでしょうか。日本での英才教育の意味するところについてまとめてみました。

理想の英才教育・子どもの才能を開花させる

教育関連の役立つ情報はコチラ!

英才教育の意味とは

日本において英才教育とは大きく分けて2つの意味があるようです。1つ目は早期教育のことです。妊娠中から行う超早期教育、就学前に読み書きや外国語学習を始める就学前教育があります。さらに同級生よりも早く進級できる飛び級制度も早期教育に含まれると考えられます。英才教育の2つ目の意味は、エリート教育です。

エリート教育も目的によっていくつかあります。一流の大学、企業、職業や資格を目指すための英才教育は主に受験対策になるでしょう。できるだけ難易度の高い学校に進学することを目指して行う教育です。スポーツや芸術分野でのエリート教育もあります。例えばサッカーやゴルフなどある特定のスポーツの能力を鍛えるために、小さいころから特別な訓練を受ける子供たちがいます。ピアノやバイオリンなど音楽のエリート教育を行っている教室もあります。
いずれにしても、現代社会においては、何らかの形で英才教育を受けさせたいと考える保護者が多いようです。英才教育のための教室や教材が色々と開発されています。

注目度がUPしている英才教育。情報量が多いこのサイトが手軽で便利です!

Copyright (C)2014理想の英才教育・子どもの才能を開花させる.All rights reserved.